クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 報道は死んだ

<<   作成日時 : 2014/12/04 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


 不気味なほど静かな衆議院選挙戦が始まった。選挙公示の一週間前、「自民党からNHKと在京民放各局に対して選挙報道の公平中立を求める要望書を渡した」(日刊現代)。もし英国BBCやアメリカのキー局に同様の文書が政権党から届いたら、すぐトップニュースで「報道への介入」を大々的に報じて撤回を求めただろう。他の報道各局・各紙も一斉に共同戦線を張ったはずだ。

NHKはもとよりTV各局はニュースにしなかった。

 ニュースにしなかった・・・・とは、「要望」を聞き流したのでなく、唯々諾々と恫喝にひれ伏して従う約束をしたことに他ならない。TV局と全国紙が一斉に安倍内閣の強圧に対し恭順の踏み絵を踏んだ。このことが露見したのは、日刊現代が詳細を報じたからだ。それを待ってから新聞各紙は控えめにニュースを流した。しかしTV局はそれもニュースにしたかどうか・・・。偶々みたTBSサンデーモーニングは素通りして取り上げなかったように思う。
 
TV朝日はさっそく討論番組から民間識者の出席を取り消した。

私は最初に日刊現代の記事をみて、悪い冗談かと思った。このブログ2014年9月22日付け「集団的自衛権のNHK報道は、114分対77秒!!!」を一読すれば一目瞭然。公正中立を極限までぶち壊して安倍内閣の宣伝ニュースに徹していたのがNHKだったからだ。日刊現代の問い合わせに対しNHKは、自民党から要望が届いたかどうかにも一切答えないと回答拒否したそうだ。

日本のジャーナリズムは、戦前に戻ってしまった。
 
 戦争に向かって暴走した戦前、その一翼を担ったのは報道各社とジャーナリストたちだった。いま、すでにTV局も大新聞もその態勢一色になってしまった。選挙に関心が低く、対立する意見が沸騰しなければしないほど、政権党が有利になる。そうして低い投票率の多数者を根拠に、2015年さらに暴走が続くのだろうか。アジアには結局民主主義は根付くことができなかったのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>アジアには結局民主主義は根付くことができなかったのだろうか。

そりゃそうでしょうね

日本型君民統治 >> 民主主義(資本暴走化) >> 共産主義(愚民化)

だったことが既に分かってしまったので。
そろそろ墓場が近いのですから分かりましょうよ団塊世代も。
民主主義が最高統治システムと勘違いしてい...
2015/04/21 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
報道は死んだ クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる