クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ADSL、業界最安値1265円、実は・・・・

<<   作成日時 : 2015/09/06 05:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 大手携帯会社のADSLを3月末契約した。4月は無料サービスで請求額は1,635円、ところが5月から9,082円、6月9,444円、・・・。この間、韓国への航海で携帯も高額請求になっていたため、国外使用の何かの料金かと勘違いしていた。帰国して、会社のサイトから請求内容を知って、驚いた。

留守宅の通信用にADSL
 現在、船用の通信システムは3G・LTEにしている。データ通信専用端末。これは何台も買い換え、いまの機種はかなり高速で通話圏も広くなかなか良い。
 それで、自宅でも光回線を解約して、LTE利用にすることで、月額8,000円ほどかかる光を節約できた。但し、私の留守中、月2、3度メール利用するというので、“業界最安値”月額1,265円というADSL、12Mタイプを3月末に契約してから、航海にでた。

5月から跳ね上がった料金
 6月に航海を終えて帰宅したが、支払いがカード決済なので、無料サービスが終わった5月分(5月31日締め)の引き落としは7月中旬になる。そのため、5月分の金額9,082円を知ったのが7月下旬になった。当初、冒頭に記したように国外使用の別料金のものと勘違いしていたが、続いてカードの7月末請求明細額(6月分)が9,444円とあるのに気づき、ようやくプロバイダー会社のサイトを辿って請求内容を知った。そこには、基本の料金各種の他に、・・・
 〇セキュリティ、
 〇お掃除&レスキュー、
 〇サポートワイドプラス、
 〇マルシェ、
 〇得放題、
 〇ライフホームドクター
 〇プロバイダー料
 〇無線LANパック料
 すべてのオプション契約が追加され、その額が約5,000円プラスになっている。

無線LANカード解約は、5万円の補償料
 ADSL契約は、ネットでなく電話申し込みした。ネット上で内容がわかりにくく、直接確かめて契約することにしたからだ。簡単に契約申し込みでき、2日後にモデムが送られてきた。なかにLANカードも入っていたので、申し込んでいないことを電話で尋ねると、「最初からついています。便利ですからそのままお使いください」と親切な案内で、使うことにした。固定電話もすぐ近くにあり、LANケーブルも持っているが無線LANならデスク上がすっきりする。
 ところが上記のように、ちゃんとオプションとして1,069円請求され、解約するとペナルティが5万円以上になるという。
 この会社は、請求書は一切発行せず、不審があれば消費者が会社のサイトで、ややこしい手順を辿って請求明細を画面に呼び出して確かめなければならない。右往左往し、かなり時間を掛けて辿り着いて、以上が判明した。
 8月3日に電話を入れた。新規申し込み電話はすぐ繋がるが、既契約者のサポートは30分以上も待たされる。
 客に無断で全オプションを付加していることを伝えると、さすがに苦情担当の女性は丁寧で洗練されていて、すぐ理解してくれて、「では8月分の請求は取りやめましょう」・・・、丁寧でお詫びしながらの電話で、さすがに大手携帯会社は無理筋を通そうとはしないと思ったが、8月3日に無断請求を伝えた回答が8月の2日分の請求取りやめというのは、したたかであやうく騙されそうだった。
第1段階は、まだカード決済されていない、7月分(8月下旬請求、9月引き落とし)と8月分(8月末締め)をまず取り消すよう求めた。これもすぐ了解してくれて、請求しない約束になった。
第2段階として、元々のオプション料金とLANカード料金は、契約にない請求なので取り消して欲しいと申し出たところ、これもすぐ了解して9月に返金手続きの案内を送るということで一件落着した。
 この会社は、乱暴に契約内容を勝手に変えたりして請求するが、気づかれたらあっさり引っ込めて返金するという営業方式なのだろうか。

7月分も再び請求される
 一件落着したかに思われたが、8月末に9月引き落とし分のカード請求明細がカード会社から届くと、請求しないことで落着したはずの7月分、9,000円プラスが、また請求されている。そして、再び電話コール30分待ちて゛、苦情係りに繋がると、5、6月分と一緒にカードのマイナス決済で処理する・・・・。
 ここでも気づかなければ、そのまま過払いになってしまうかもしれない。
 これは、スーパーで万引きして見つかったら、居直らず、お詫びを言って「お返し致します」と丁寧に頭を下げるのと、違わないんじゃないか、そんな印象を持った。。もっとも一般市民が謙虚に返品を申し出てもスーパーがそれを認めるかどうか。大手企業のガバナンスの低下をいろんなところで感じることが多い。結局気色悪いのでADSLも解約した。
 リタイア世代は、理解が追いつかないこともあるから、こみ入った契約には十分気をつけなければならない。そして、スムーズに話しが通ったのは、電話申し込みから解約まで、日時、担当者を明記して、電話の内容をノートに記録を取っていたので、あやふやな記憶内容での話しでないから、よかったのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ADSL、業界最安値1265円、実は・・・・ クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる