クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ざる蕎麦と冷やしぶっかけうどん

<<   作成日時 : 2016/09/10 13:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヨットの本拠地、倉敷市児島の萱刈港近くのうどん屋、八ヶ岳山麓野辺山の蕎麦屋。
 うどんは450円。蕎麦は850円。約倍の値段差があるが、食後感は?

児島の「冷やしぶっかけ、おろしうどん」450円は毎日通って飽きない。

 猛暑の8月長い航海から帰ってきて、毎日昼は近くのうどん屋の「冷やしぶっかけおろしうどん」で涼をを取った。刺すような日差しで晴れが多く雨が少ない児島は連日37℃。船内で昼間過ごすのは熱中症になりそうで、昼は自転車で数分のうどん屋へ。ここのぶっかけうどんは毎日食べて飽きなかった。小ネギ、大根おろし、ほかの薬味をたっぷりかけた冷やしうどんが450円。

八ヶ岳山麓、野辺山の蕎麦屋のざる蕎麦は850円。

 1年前に行って、とても良い蕎麦だったので、楽しみに行ったが様子が変わっていた。主人ひとりで切り盛りしていたのに、若い女店員がサービス担当になっている。奥の調理場を覗くとどうやら人が違う印象。
 去年は、ちゃんと生わさびをつけて、自分ですり下ろしてそばつゆに絡めた。嫌な予感がしたが、でてきた蕎麦にほとんど蕎麦の味がない。小麦粉ばかりのようなニセ蕎麦。最後に確かめるためにそば湯を一口、口に入れてすべて納得した。店が居抜きで代わっていたのだ。それにしてもひどすぎる変わり様。それが児島のうどんの二倍近い値段。
 ひどい蕎麦でも、蕎麦はなぜこうも高いのか。信州というよりも、東京など都会で蕎麦を異常にもてはやして値をつり上げてしまったためかどうか、知らないが、蕎麦好きの蕎麦知らずが、高値定着を支えているんじゃないか。
 讃岐はきびしいから、ちゃんとした手打ちでもうどんは安くなくちゃ、うどんじゃないと目を光らせているから安心できる。蛇足だが、大手チェーンの丸亀製麺は、香川の人によると、あれは讃岐でも丸亀でもなくて、神戸の会社で、香川県では高松市に2店だけですから、とのこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ざる蕎麦と冷やしぶっかけうどん クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる