クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 運転中のトイレ、どうする?!

<<   作成日時 : 2016/09/27 16:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 9月27日朝刊に、「JR東日本の運転士が停車中の電車の運転席から外へ放尿したことが問題に 」なった記事を見た(朝日)。近ごろは、何かあるとすぐ乗客がスマホで撮って通報するから、運転士も大変だ。しかもそれがTV、新聞記事にまでされてしまう。どうしたらいい?

運転士の不作法をなじるだけでいいか

 記事によると、どうにも我慢できず駅に停車中にことに及んだだけのことだった。同情したい事情もうかがえた。停車時間は1分足らず、駅のトイレを往復する時間は与えられていない。この電車は終点で、すぐ折り返すダイヤになっていてそこでも時間がない。
しかし、ネット社会はそんな事情などお構いなしだ。

バケツを持ちこめばいい

 私は、ヨットに一人で乗っている。一日の航海は10時間に及ぶのが日常だから、途中でトイレに行かねばならない、走りながら。ところが昨年5月末、九州の対馬沖を航行中に船内に降りてトイレを利用し、再びコクピットに上がってきたら目の前に漁船が停まって漁を始めていた。危うく衝突するところだった。それをヨット雑誌に書いた。
 以来、小用を足すときもキャビンに降りないことにして、コクピットに携帯トイレを置くことにした。今年の航海でも毎日それを使った。それは100円ショップのブルーのポリバケツ。バケツに用をたして海に捨てる、それだけだ。以来、尿意を我慢しなくて済んでいる。JRの運転士さんも運転席にバケツを持ちこんだらどうだろう。もちろんガラス越しに運転席も見えるから、乗客にそれをまたとがめられるかも知れないが、それはとがめる方が酷というものじゃないか。

女性のヨット乗りは?

 オリンピックや国体競技の2人乗りディンギーヨット(470級など)に乗る女性は、自然の要求をどうクリアしているだろうか。クルーザーと違ってディンギーヨットはトイレ使用ができない。水しぶきを浴びたり、転覆して海に投げ出されるのも日常茶飯事のヨットで、秋になれば身体が冷えてトイレも近くなる。
 しかし、ウェットスーツやドライスーツで身を固めているから、おいそれとトイレに行くことも出来ない。知人の女性ディンギー乗りに尋ねたところ、ウェットスーツでは垂れ流し、終わってからウェットスーツをよく洗わないと・・・と。ドライスーツの場合は、大人用のおむつを二枚重ねで、これも垂れ流しで頑張っているそうだ。爽快にみえるヨットも、女性は人に言えない苦労を強いられている。(2016.9月)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運転中のトイレ、どうする?! クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる