クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS せっかくの日本シリーズ、興ざめで終わった

<<   作成日時 : 2016/10/31 14:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の日本シリーズ、本当に面白かった。が、第6戦8回表、広島監督の信じられない采配で、後味悪い終末になってしまった。もともとあまり熱心な野球ファンでない私が、毎試合TV観戦した理由とは・・・。

いったい、カープ、ファイターズどっちの応援だ?

 元々、ペナントレースのTV観戦は今年一度も観ていない。その私が日本シリーズに熱中した。カープとファイターズの決戦、第1、2戦はカープの押し寄せるような一方的ゲーム。高みの見物でのんびり観戦。
 札幌に移った3戦からはひたすらファイターズ応援。なんと札幌ではファイターズが3連勝、こうなると第6戦は是が非でも広島に勝ってもらわなくちゃ。妻から一体どっちの応援なの?と笑われたが、まっとうな理由がある。つまり、第7戦までめいっぱい楽しむためには第6戦で3:3のイーブンになってもらわないと。
 つまり、暇老人を絵に描いたような時間つぶし応援だと、また笑われた。その第6戦は同点で終盤に。そして一気に6点取られて決まった、8回表の広島の采配に納得がいかない。

ピッチャーをさらし者にするような采配

 ピッチャーの出来はその日その日でころっと変わったりする。だから交代の明暗が試合を決めることが多い。8回に登場した広島の投手、明らかに出来が悪い。それでも運良く2アウトにできたが、そこからストレートのフォアボール、解説のミスター赤ヘル山本浩二氏が「このフォアボールは一番危険」と話したがその通りになった。
1)ファイターズの栗山監督は早い回で一人塁に出しただけで、ピンチ場面ですぐ投手交代をやったが、なぜか緒方監督は動かない。
2)次でヒットを打たれ1,2塁。ここでも動かない。
3)さらにヒットで満塁で4番中田を迎えた。それでも動かず続投。
4)もうまともにストライクが取れず、中田を歩かせて押し出し逆転・・・・。それでも、投手交代させない。札幌の栗山監督は1点取ったから9回は大谷で締めくくれると確信したのか、打者には投手バースを(おそらく今年初めて?)そのまま打席に送った。
5)その投手バッターにもヒットを打たれ1点加点。ここまで来て、シリーズ一番の当たり屋、レアードにまで打順がまわったが、緒方監督はそれでも動かない。もう試合を投げたのだろう。
6)そのレアードに棒球をど真ん中に投げて満塁ホーマーを献上した。それでやっと投手交代。 これは、投手へのパワハラそのもの、辱めのために放置したと思われても仕方ない。

それでも怒らない広島ファン

 近来になく盛り上がった今年の日本シリーズを最後に、どっちらけにした緒方監督は何を考えているのだろう。負けるのは時の運かもしれないが、負けるには負け方というものがあろう。死力を尽くして、一歩及ばずなら納得できる。しかし、8回の投手采配は監督の資格なしと言わざるを得ない。今年、阪神の監督も藤浪だったか(?)の不調に腹を立てて、みせしめに投手交代させずさらし者にして100数十球も投げ続けさせた。腹いせ以上に、金を払って観戦している観客に対してこれほどの非礼はない。日本シリーズの緒方監督の仕打ちはそれを日本シリーズのクライマックスでやったとしたら、その罪はさらに深い。
 ふがいないのは広島ファンだ。そんな無様な采配を眼前にしてブーイングもせず、鳴り物を打ち鳴らしてせっせと応援する。そういう甘さは、黙従する底辺の民衆と同じで、決して良い結果をもたらさない。昔、初めて大リーグ見物したとき気づいたのは、1)鳴り物の応援をしない。声援と拍手ぐらい。2)ファインプレーには敵に対しても賞賛の声援・拍手を惜しまない。3)味方の緩慢プレーや真剣さ不足には容赦ないブーイングの嵐を投げつける。こういう厳しく観る眼をもったファンに育てられているのかと印象深かった。(2016.10)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
せっかくの日本シリーズ、興ざめで終わった クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる