アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「海」のブログ記事

みんなの「海」ブログ

タイトル 日 時
瀬戸内にも雪
瀬戸内にも雪 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 10:43
年賀状
年賀状 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 10:15
気の毒なJR北海道
気の毒なJR北海道  昨12月4日、北海道留萌線終点の増毛駅で大騒ぎのお別れがあったそうだ。平生は見向きもしないのに、廃線や運行が廃止と決まるとその日だけ集まって、淋しいとか惜しむとか、その場限りの騒ぎが鉄道ファンによって繰り返される。私は、北海道をクルージングする度に、留萌か増毛に立ち寄り留萌ー増毛間にも乗車したが、写真はこれまでの増毛駅の姿だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 10:52
下田で台風避難
下田で台風避難 下田の柳生沢川沿いは安全な場所で、台風の度に伊豆諸島から漁船が避難して満杯になっていた。 その川は土砂堆積で浅く、ヨットが数隻横並びの場所は、干潮では水深1mに。近づくこともできない。廃船が多く春雪もままならないらしいので、川入り口の金目鯛漁船に横抱きを頼んで4日間過ごすことになる。漁船5隻乗り越え乗り越えないと陸に上がれない。この際、自転車を陸に揚げるのはあきらめ、ひたすら台風通過を待つ。前回、下田入港もおなじだったなあ。 写真で6隻めのヨットわかりますか?日中32度、台風避難... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/06 19:19
美しい港、小樽
美しい港、小樽  6月19日小樽到着。江差に6月12日入港したから、江差からちょうど1週間を要したことになる。ヤマセ続きで動ける日がほとんどなかった。写真は小樽港マリーナと小樽の町。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/29 04:06
本州北端へ
本州北端へ 津軽半島北端に近い、小泊に6月10日、入港。気象予報は晴れといっているが、ここでは北海道からの冷気が流れ込み、灰色の世界になっている。写真は、早朝の津軽半島沖から、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 13:49
1ヶ月たった
5kg減量中 航海に出て1ヶ月過ぎた。今日は山形県酒田。荒れる予報で休みにしたが、快晴風弱い。それに騙されないよう、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 05:56
秘伝、サザエの壺焼き
秘伝、サザエの壺焼き 間が開いてしまった。暇はあるのだが、書く暇がない。航行中は時間をもてあましているが、かといってワッチを怠り、書くわけにもいかず。 それにしても、5月が変だ。関門海峡を抜けて山陰に入ってから、予報が晴れでも、薄墨を流したような白っぽい灰色の世界が陸も、空も埋めて、ぼうっと霞む。霧状の世界。そして、日替わりに霧と強風とうねり。なかなか画像を取り込む時間がとれなかった。写真:特牛港のきらきら丸 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/05/11 20:11
連休から春航海
連休から春航海  10日間、航海のための整備作業を毎日10時間こなして、やっと出航にこぎつけた。と思ったら、春の嵐で2日間足止め、おかげで骨休みになったが、冬のような冷気で、暖房のない船内では冬支度のまま。南海上を台風並みの低気圧が走り過ぎる。昨日、北海道は雪だったとか。雪が降らなくても児島も凍える寒さで、連日朝は6,7℃に下がる毎日。(ここまで4月29日に書いて・・・)写真:今回友人片山さんが伴走して見送ってくれた。撮影は片山夫人。早朝から感謝。   時間がない、眠い ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/04 04:29
『ヨット・アストロ物語』のメッセージ
『ヨット・アストロ物語』のメッセージ 本をお届けした方への挨拶文です。写真は、日本一周中に那珂川河口付近を帆走中の〈アストロ〉、天体望遠鏡の刺繍がトレードマークだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 21:27
『ヨット・アストロ物語』、3月1日発売
『ヨット・アストロ物語』、3月1日発売 横浜ボートショー、舵社ブースで発売開始 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 08:06
ファーリング・メインセールの賞味期限
ファーリング・メインセールの賞味期限  10月下旬、秋航海に・・・などと広言して出港したが、出港直後からいろいろ、トラブル続きで、結局5日目に航海続行を諦めて、すごすごと萱刈港に引き返すことになった。その一番の原因は、マスト収納のメイン・セールが引き出せないトラブル。写真は、再収納後のメイン取り出し口の様子。引出口にたるみがあるのがわかる,帰港後に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/28 05:03
週末から秋航海へ
週末から秋航海へ  土曜日に秋航海に出る予定。瀬戸内海のなかほどにいると、さて東に行こうか、それとも西に進もうか、迷ってしまう。  結局、その日の潮加減と風向きで決めたりするが・・・・。  写真は、無風の下津井瀬戸を往くきらきら丸。景勝地鷲羽山から片山元一さんが撮ってくれた。 帯状高気圧はありがたいけれど  陸では、毎日、秋晴れの連続だが、ぜいたくをいえば、高気圧が北に偏りすぎているから、本州、四国の南岸沿いは、毎日が東寄りか西寄りの強風続きになっている。台風24号は連続高気圧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/23 00:58
iPadでnewpecを動かす
iPadでnewpecを動かす  前回の更新から1ヶ月もたってしまった。携帯会社のADSLで騙されて、それから1ヶ月の間に、ガラケイから遅ればせながらiPhoneとiPadに一気に変わってしまった。  ADSL騙しのあと携帯会社の契約すべてをゼロに戻したら、「いまがお得」と別の会社から巧みに(?)迫られて、無料のiPad付きでiPhoneに乗り換えたわけ。写真は、ノートパソコン、デスクトップパソコン、そしてiPadの3台で、海のナビゲーションシステム「newpec」を同時に動かしている様子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/12 20:34
釜山クルージング・ガイド 
釜山クルージング・ガイド  5月に往復した対馬〜韓国・釜山のクルージング・ガイドをまとめることにした。  ブログでは無理なので、ホームページに数回に分けて、掲載していく。これは航海の記録でなく、実用として手引きに絞って紹介する。写真は、釜山沖からみる海雲台の超高層マンション群。ヨットハーバーはその中にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 16:14
来るか?台風11号
来るか?台風11号   しとしと雨続きの梅雨が、急に台風ラッシュに変わった。 台風11号、7月14日早朝の予想では、土佐湾からまっすぐ北に瀬戸内海を横断して山陰に抜けるコースが予想されている。〈きらきら丸〉の係留地直撃になるかハラハラしている。図は、7月15日0600の予想、ハワイ・タイフーンセンター。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/15 12:04
今日、横浜へ
今日、横浜へ  児島・萱刈港に帰ってきたのが10日16時、それから5泊してようやく、横浜へ。加齢とともに、支度にしろ、、片付けにしろ、急がず時間をかけてのんびりやるようになった。帰港した日は、友人Kさんと焼き鳥屋で一杯。今日は、ゆっくり荷物をまとめてお昼に出発。写真は、しまなみ海道の岩城島で。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/15 09:15
霧の朝
霧の朝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 05:07
1ヶ月と1日の航海
1ヶ月と1日の航海  5月9日に出航した韓国・釜山への航海、5月10日萱刈港に帰港して終えた。もともとは、4月18日出航予定だったが、直前に右膝故障を起こして半月遅れになったので、かなりいそぎ旅になってしまった。それは、梅雨の航海はどう思っても面白いことはないから、なるべくその前に終えようとしたから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 05:25
港の魚
港の魚  漁業で勇名をはせた漁港でも、なかなか魚が買いにくくなった。漁獲も減り、漁船も減り、港には高齢者ばかりで購買力ある消費者も減り、魚屋がなくなっている。写真は、関門海峡の港、田野浦で仕掛けたモンドリ(籠網)にかかった、隊長61cmのお化け穴子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/09 16:20
梅雨入り
 梅雨入り  6月2日、関門海峡(早鞆瀬戸)の2km東、瀬戸内海側の小さな船溜まり、田野浦に入った。梅雨前線が北上しこの日、九州南部、北部ともに梅雨入りと気象庁が発表、それに敬意を表したわけではないが、3日は休息日とした。ここは急潮流と行き交う船の曳き波で終日荒れ狂う海峡に面しているが、まったく静穏、静かな港だ。写真は、田野浦の工事台船に横着けするきらきら丸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/03 08:39
釜山に行こう
釜山に行こう         5月9日、半月遅れで児島・萱刈港を立って急いで西に走った。さっそく台風6号で2日日和り待ちしたが、出航9日目に対馬・厳原に到着した。  急いだのは、韓国釜山訪問が遅れて梅雨入りするのがいやだったから。毎日走り、ゆとりもなくて、電力事情の悪い船内でのブログも封印して釜山に入港した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/31 10:39
来週は台風来襲か
来週は台風来襲か  やっと膝を騙し騙し、瀬戸内海に移動・・・、というのに、今度は今年初の台風6号が邪魔しそうだ。来週5月12日(火)〜13日(水)かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 06:14
明日から瀬戸内海へ
明日から瀬戸内海へ  半月遅れて、明日5月7日、連休明けを待って瀬戸内海、児島に移動する。加齢とともに、新しい伴侶(?)と二人三脚で・・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/06 04:55
電子ブック
電子ブック  海の専門出版社、舵社が4月から電子出版を開始した。1月の著作権法改正を受け手の事業企画。その第1回配本8冊の中に、拙著『港を回れば日本が見える』も加わった。価格は紙の出版の80%で書籍より安く設定しているが、当面は同社の手持ち書籍の電子版になるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 13:40
海がない『岡山県の歴史』
海がない『岡山県の歴史』  暮れから正月、図書館で見つけた『岡山県の歴史』(山川出版)を読む。山川出版は日本史年表などで知られるように歴史物では定評ある版元。先史時代から現代まで要領よくまとめられていて、岡山県児島に船をおく身だから少し勉強した。が、瀬戸内海の重要な海域、備讃瀬戸に面しているのに、なぜか海の歴史がない。記述があると基本事項で誤りが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/11 16:17
瀬戸内も寒い
瀬戸内も寒い  先週から瀬戸内海に来ている。ちょうど寒波にぶつかって寒い朝を毎日迎えている。デッキも、木製の桟橋も遅い夜明けは真っ白に霜が降りている。幸い、この港で私だけが陸電で結ばれており、シュラフの中に昔風の行火(あんか)40wを入れているので、心地よく夜を過ごしている。寒波の中を宇野港でのヨットクラブ・ミーティングに行く途中、開けっぴろげの渋川漁港に立ち寄り、お好み焼き屋さんで昼食をとったとき。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/10 20:30
宇野港に新しい桟橋
宇野港に新しい桟橋  地元日比ヨットクラブの方から、かつて国鉄連絡船の本土側発着港であった JR宇野線の終着宇野駅の連絡船桟橋の近くに県営の桟橋利用が開始された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 06:16
台風19号
台風19号  超大型といわれた台風19号、薩摩半島・枕崎に上陸し、次いで足摺岬沖から土佐湾、安芸市に再上陸し畿内へ・・・。児島・萱刈の至近を通過したが気圧も970hPaぐらいに上がり、被害なく無事に通過してくれホッとした。図は台風19号の通過進路。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/14 05:44
ため池に柵?危険察知は体験から
中学生がため池でボート遊びをしていて転覆し、一人が溺れて死んだというニュースが2日前にあった。TV報道は「ため池に柵がなかった」と伝えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/20 02:56
手抜きのジブ85%セイル
手抜きのジブ85%セイル  次々に手抜きというか、楽をする艤装を取り入れているのは加齢のせい!? この4月、風向きによってジブセイル(前帆)を入れ替えるシート(ロープ)操作をしなくて済む、セルフタッキングジブを導入。もうあとはないよ(笑)写真は、テスト中のセルフタッキング・ジブ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/04 21:24
春の船底整備
春の船底整備 4月は船の船底整備の季節。今年も桜が満開の下、花見も断り、船底点検と塗装をした。 汚れて見えるが、フジツボなど貝類はほとんど付着しておらず、きれいだった。写真は上架直後の汚れた状態だが、藻の汚れだけだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/01 21:40
備讃瀬戸も手強かった
備讃瀬戸も手強かった  前回からしばらくブランク・・・は、蒲郡を離れてから休みなく7日間走り続けて、11月3日夕刻、瀬戸大橋の起点・児島駅近くにある萱刈港に帰港した。やっとこれで今年の航海が終わった。写真は、蒲郡から60マイル走って夕刻に入港した五ヶ所湾入口にある田曽浦の夕景。日が落ち周りが暗くなるころも、空にはまだ明るさが残っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/07 02:58
続・台風、嵐の前の静けさ
続・台風、嵐の前の静けさ  前回に続き、また台風について。台風27号は中心気圧915hPa、中心最大風速60mというので驚いて、外洋に面した港を避けて、三河湾の奥、蒲郡の三河三谷漁港に早々に避難した。10月23日(水)から24日(木)の襲来とみられていたが、足が遅くて週末の26日(土)未明ころになりそうだ。その日には、遠く東にずれてくれているとはいえ、台風28号も910hPaという超弩級で進んでいる。図は、三河湾と三谷漁港(mapはnewpec)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/23 10:40
台風26号を待ちながら
台風26号を待ちながら  千葉県銚子から愛知県伊良湖水道までの海域では、台風に出遭いたくないと思っていた。この間には、台風避難できる港がごく限られているためだが、銚子から伊豆半島下田までで、4つも台風を迎えてしまった。 先に「台風4点盛り」など書いたツケ?で、6つめの台風を今夜迎えようとしている。しかも、台風26号は関東直撃する、ここ数年で一番強力な台風らしい。下田の沖、新島あたりを通過する様子で、それを下田港で待っている。下田、川沿いに7隻停泊する、さらに外側に横着けして台風をやり過ごすことに。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/10/16 07:58
台風 四点盛り
台風 四点盛り  8月下旬、函館を離れてから1ヶ月と1週間たった。この間に、台風を避けて港に待避したのは、今日まで22日間。日数の半分を超えている。この9月、台風の当たり年なのかもしれないが、1ヶ月で4台風に遭遇している。明日は22号がすぐ沖を通過するらしいが、そのあと、もう23号が沖縄をめざして北上開始したとか。図は、10月1日の台風22号予想進路。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/01 15:07
九死に一生からヨットハーバー計画へ
九死に一生からヨットハーバー計画へ  津波から生き延びたカップルの体験である。Mさんは、女川で観光連絡船などを運営している会社の中心スタッフ。地震発生時は岸壁前にある会社事務所にいた。一方、奥さんは自宅アパートで被災する。女川も陸前高田と同様に港前に広がる市街地が壊滅する被害にあった街だ。写真:津波を乗り越えて走った観光連絡船ベガ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/24 16:51
津波、沖に走った
津波、沖に走った  “大地震が起きたら沖に走れ”、津波から船を守る、たったひとつの道だと古くから言い伝えられてきた。大震災でも漁船などが沖に向かって一斉に走った。そして船を守って生還した人も相当いた。が、津波を乗り越えられず海に消えた人も少なくなかったらしい。沖に走って船を守った人の話をうかがった。写真:復旧工事が続くいまの広田港。地震で陥没し岸壁を波が洗っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/24 09:32
観音像に託した釜石の気持ち
観音像に託した釜石の気持ち  三陸はかつてチリ地震津波で3000人を超える犠牲者をだした。その被害の中心地が釜石だった。その教訓から、釜石港口には海底50mから立ち上げた、ダムの堰堤のような防波堤が築かれた。もうひとつが港を見下ろす高台に建立された釜石観音。写真は、今次の津波で砕かれた港口防波堤。後方が釜石市街。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 20:37
日本酒とワイン
日本酒とワイン  航海の途次、立ち寄る港に造り酒屋があればそこの酒を一本求めるのが楽しみである。以前、丹後半島に江戸時代から続く酒造屋を尋ね、紹介したところ、港に立ち寄るヨットが次々に酒を求めてくれている様子で、よく知られる酒になってくれていた。しかし、この航海では酒を求める機会が減っている。写真は、津軽海峡の夜明け。重苦しい雲の隙間からほんの数分、曙光が海面を照らした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/01 15:19
淋しい町
淋しい町  漁業が減退を続けているから、仕方ない面もあるが、尋ねる毎に港の町が寂れ続けているのを見てきた。この旅でも、以前よりも船が増えていたり、町に活気が戻ってきた港には出会えない。そんななか、北海道の港の町に、ことさらに淋しさを感じてしまう。  走りながら、なぜだろうかと考えてみた。写真は、夜明けの天塩港でのヨット、その先には利尻島。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 15:44
港のトイレの話
港のトイレの話  かつて、漁港のトイレは汚かった。水洗トイレも多くなく、落下式(肥だめ式)も当たり前だったし、掃除も行き届かず、つまり汚かった。まして、トイレにペーパーが備えられているなどは稀だった。そのころの習慣がいまだにあって、私はいまも寄港先漁港ではトイレにトレペを持参している。写真:雨雲が切れて青空がのぞく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/26 21:12
ホテル?住まい
ホテル?住まい  7月14日(日)、小樽・高島漁港に入った。江差から4日間、ホッピングを繰り返して小樽まで。小樽の漁港は評判が悪いが、日曜日に入港し、文句を言われない奥まった位置につけることができてホッとした。それから、丸一週間が過ぎたのに小樽にいる。というよりもこの先、さらに一週間動けそうにない。先週金曜日からは小樽港マリーナに移動して過ごしている。写真は積丹岬。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/23 06:22
津軽海峡
津軽海峡  壊れた排水ポンプの交換品を待つ間に、好天を使い果たして鰺ヶ沢(青森県)で3日間、日和り待ちを強いられた。その3日目の夕刻、突然、重苦しい雨雲が舞い上がり、青空が久々に顔を見せた。写真ははじめて姿を見せた津軽半島、ただし、先端に見えるのは竜飛岬でなく、その手前にある権現崎と思われる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/13 19:43
各駅停車
各駅停車  佐渡を離れて、ちょうど1週間、青森県鰺ヶ沢に着いた。  この間、1日の航程が短くなり、加茂から酒田などは2時間少々の距離だった。  年齢も考えて、極力1日の航海時間を少なめにする気持ちもあるが、この海にやってくる機会は、私の生涯でもう一度はないのでは・・・そんな印象が少しずつ浮かんできて、あの港も、この港も覗いてみたい、そういう衝動もあって、寄港先が増えている。写真は、薄く煙むる岩木山、鰺ヶ沢に向かって。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/04 11:17
日本海日和り
日本海日和り  6月24日、新潟沖に浮かぶ粟島は、夜明けとともに雲一つない空が広がり、毎日つきまとっていた靄も薄れている。暑くなりそうな強い日差しの朝だったが、海上では北寄りの風に変わって、日陰では冷涼な風で心地よい。しかも、対馬海流が佐渡を離れてから、1ノット近くも押してくれている。丹後半島を離れて以来、はじめて爽快なセーリング日和になった。写真は、まだ雪が多く残る鳥海山。酒田入港前に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/27 20:08
一時、都会に帰る
一時、都会に帰る  佐渡・両津港に船を置き、フェリー経由新潟から新幹線で1週間、横浜に戻っていた。所用を片付け、ばたばた過ごして、また、フェリー客になる。島をひとりでめぐるとき孤独を感じることはあまりないが、新潟から両津行きのフェリーに乗って、昔ながらの広い部屋にごろんと寝転んでいると、旅の寂しさがふと忍び寄ってきた。 写真:佐渡が近づいてきた。空は台風4号くずれの影響でどんよりしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/25 08:08
49年目のヨット入港?竹野
49年目のヨット入港?竹野  時系列がちょっと逆になるが、山陰から離れる前に、兵庫県・但馬の竹野に一泊寄港した。その先はすぐ丹後半島になって、経ヶ岬を越えると若狹になる。山陰最後の港に、ヨットが立ち寄ることのない竹野という小さな漁港に入った。写真は、竹野の川沿いの岸に停泊する〈きらきら丸〉。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/06/19 20:02
小浜その1 観光ねだん
小浜その1 観光ねだん  6月3日、若狭の小浜に立ち寄った。旅を続けながら言うのもおかしいが、私は観光はあまり好きでない。港の一番沖側の船溜まり、すぐ近くに魚卸売市場があり、道路の向かい側には、フィッシャーマンズワーフという魚センターがある。また、魚市場の並びには昔からの場外市場もある。写真は、伊根の割烹浜四楼のへしこ寿司(8カン1200円、4カンにしてもらった) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/06/13 07:22
梅雨のずる休み?
梅雨のずる休み?  好天気が梅雨時なのに続きすぎて、休む間がない。航海は自分の都合よりもお天気都合に合わせて出航したり、日和待ちしたし・・・・。だからこの1週間のように安定した好天気が続くと、休んでいられないから、ここに書く暇がない。その間にどんどん先に進んでしますので、順序を無視してそのときの感興をしるすことに変えた。写真は、丹後半島・伊根の舟屋。かつてはひっそりしていたが、いまは観光目玉になったようで、週末は賑わっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/06/08 19:55
早すぎる梅雨入り
 6月10日前後の梅雨入りを予想、というか期待していた。そのまえに丹後半島をかわして若狭に着いていれば、梅雨に足止めされることがなくなるからだ。ところが、2週間も早い梅雨入りを控えて、隠岐の島をはしょって境港に移動した。居心地のよいヨットクラブで5日間、梅雨入りの荒天をふふんとうそぶいてやり過ごした。写真は、靄の中静かに落ちる温泉津の夕暮れ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/05/29 16:35
明日、日本海にはいる
 あっという間に1週間が過ぎた。  向かい風が強いが、明日は日本海に入れるかどうか・・・。日本海は、関門海峡の西の海からではなくて、下関から北にある角島が境になって、角島から西へ筑前大島までを響灘(ひびきなだ)と呼んだ。そして、角島を越えるとそこからが日本海。今日、その角島に来た。写真:出航してしばらくすると夜が明ける。夜中から漁をしている漁船が一隻。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/17 17:38
いい日(潮)旅立ち
 2013年5月6日、岡山・萱刈港へ向かい、今年の航海に第一歩を踏み出した。と思ったら新横浜駅で窓口にだした「ジパング倶楽部」証が押し戻され、ゴールデンウィーク中は利用できません!。6日は連休最後の日だそうだ。毎日が日曜日だから休祭日感覚がなくなっていると思い知らされた。やむなく5,000円プラスして「のぞみ」で岡山に向かう。  しかし、乗り換えの待ち合わせなどもあり、児島までの所要時間は都合30分少々しか違わない。つまり、時給10,000円の「のぞみ」を30分臨時雇用してしまったよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/05/11 10:24
内視鏡検査
 春になって、その年の航海に出る前には、例年ひととおりの身体検査を受けることにしている。この3月にも決まり通りの血液検査に始まって、検便、検尿、胸のレントゲン撮影・・・と次々に順調に済ませ、今年も中性脂肪が多めぐらいとの指摘だけで、異常なしで終わりそうだった。日程の都合で2週間遅れて消化器の内視鏡検査を最後に受けると、ずいぶん時間がかかっているので、あれ何か、ふと気になった・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/04 20:45
5月12日(日)広島でもNEWPECセミナーを開催
 4月20日東京での新しい電子海図システム、NEWPECの講習会に続き、5月12日(日)には、広島でも同様の講習会を開催することになった。写真は、航海中のNEWPEC画面。瀬戸内海児島港出港時に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/17 08:05
電子海図 NEWPECがわかる、使いこなす講座
NEWPECがわかる、使いこなす講座 ───────────────── が4月20日(土)東京駅八重洲・日本橋口前のフクラシア東京で開催される。入場無料。 私も関係するので、そのご案内を紹介させていただきます。上図は、NEWPECの瀬戸内海鳴門海峡。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/03/12 10:08
子供が消えた島、粟島
 明治から海員学校があることで知られた粟島。香川県詫間のすぐ沖合いにある。 いまは海員学校はなく「海洋記念館」になっているが、11月の週末に立ち寄った。港では子供が走り回り、記念館では流行のコスプレ衣装の若い子がバンド練習をしたりしていたが・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/06 05:52
オフシーズンの内職
 夏の猛暑もお彼岸を過ぎるちゃんとおさまった。と思うまもなく台風がひとつ通過する毎に秋がふかまっている。久々に児島・萱刈港に来て、夏の間海から遠ざかっていたので、その間に作ったデッキの帆布類を取り付けた。寸法違いのビミニトップは一度持ち帰って縫い直したり、遠く離れた港ではこういうとき少々不便だ。写真はミシンを持ち出し、せっせとビミニトップの縫製中。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/22 01:09
900hPa !! 超台風
今年(2012)敬老の日の3連休に、沖縄、奄美を襲い九州西の海を北に抜けた台風16号(別称サンバ)は、沖縄に来襲するとき中心の気圧がなんと900hPaという超弩級。図はウェザーニュース台風経路から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/20 05:39
エンジン電気回路を修理
  多忙で更新ができなかったが、まずは、6月、7月、2度にわけて児島・萱刈港で不調だったエンジンの電気回路修理が完全に終わった。写真は、テスト航海で小豆島沖を進む〈きらきら丸〉。大里氏撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/21 13:24
瀬戸内海は忙しい
 5月28日、北東風が少し弱まったのを確かめてから宮崎・青島漁港を離れて北上、難所の日向灘を越えて延岡・土々呂へ。それから1週間、休みなく動き続け6月3日瀬戸大橋の起点に近い岡山・児島港(萱刈港)に到着し、ひとまず春の沖縄航を終えた。写真は日向灘の北にある延岡・土々呂(ととろ)の日の出。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/10 06:46
離島の旅、〈きらきら丸〉スタイル
 朝目覚めたらすっかり明るくなっている。いつも夜中に2度ほど目覚めて、外の風の音、波の当たり具合に耳を澄ませてから、またまどろみ、4時前に起きて出港準備に取りかかる。 南西諸島の旅、40日を終えて5月19日屋久島・宮之浦の朝はのんびりした。まだ、九州本土に渡る40マイルが残るが気分はずっと楽になった。写真は、屋久島〜奄美大島・名瀬の往復航路。名瀬〜那覇は後掲。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/21 10:33
サシバとの邂逅
 梅雨の中休みをくぐり抜けて、沖縄から奄美大島・名瀬へ。前日情報でレースを終えたサシバが沖縄・宜野湾への帰途航海で名瀬を目指している・・・。それで夜明け前に徳之島を発ってこちらも名瀬へ。一足先に着いていたサシバが迎えてくれた。写真は、宜野湾に向けて最後の航海に発っていくサシバ。5月13日靄深い名瀬港で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/15 09:50
梅雨入り、沖縄東海ヨットレース
 4月28日、那覇の安謝港に着いた。以前と違い船を着ける場所がない状態だったが、1ヶ所船が留守?のブイを見つけブイを拾って強引に岸壁槍づけ。と同時に、ラジオが「沖縄地方は本日、梅雨入りしました」と告げ、雨の中を発電機の部品、潮でエラーを起こしたpcのキーボードを外付けに切り替えるための買い物に走り回った。例年よりも10日か2週間近く梅雨入りが早いそうだ。拾ったブイの場所は最近売却したヨットの跡地だった。勘というか幸運というか。写真:伊江島港の立派な桟橋に憩う。隣は救急船。最近はドクターヘ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/03 20:25
島で出会った人たち
九州南端の佐多岬を離れ、ひたすら南に、南に進んで2週間。鹿児島県南端にある与論島・茶花(ちゃはな)漁港で低気圧通過をまっている。あと2航程で沖縄・那覇に入る予定。屋久島から始まった島で出会った人たちのスナップを。写真は、トカラ・中之島で横抱きさせてもらった源光丸の漁師さん。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/25 12:09
南の魚座・・・フォーマルハウトを見たことありますか
 4月17日23時、トカラ列島悪石島を離れ、約12時間の予定で奄美大島・名瀬に向かった。支度が終わりエンジン始動、それから岸壁に移って舫いロープをはずす。ボートフックで岸を押し、船体を少し岸から離してから船尾のステアリング位置に戻った。そして大失敗に気づいた。いま離れたばかりの岸壁がもう深い闇の中に溶け込んで消えてしまっている。どこをみても墨一色、小さな船溜まりとすぐ繋がっているはずの狭い出口がわからなくなった。写真は悪石島のヨット。右が船溜まりの出口で左に見えているのがフェリー埠頭... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/22 08:37
屋久島へ
 4月8日、この航海初の穏やかな陽光の下、屋久島宮之浦に入港した。振り返ってみると国東半島から11日め、その間に4度も低気圧が駆け抜けていった。なかでも4月2日宮崎の青島でやり過ごした“爆弾低気圧”とその後さらに続く低気圧を縫いながら進んだ後半の宮崎から鹿児島への航程は厳しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/10 21:02
冬の海と春の海
大荒れ天気から逃げて入ってみた小さな港、米水津(よのうづ)は、大分のブリ養殖の本場だった。1mを優に超える特選ブリがこの朝も、800本!!!流れ作業で計量し、スチロール箱に詰められて首都圏めざして出荷されていった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2012/04/05 18:40
1勤3休?、旅のはじまり
 3月29日、好天に恵まれ国東のマリンピアむさしを離れて、豊後水道に向かう。今日の目的地は佐伯(さいき)大入島(おおにゅうじま)で41マイル、7時間半の航程。夜明け前の闇にまぎれて離れた。やがて靄のなかから日が昇る。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/30 16:55
旅支度
旅支度 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/28 21:14
秋からは瀬戸内海を本拠に
瀬戸大橋近くの児島に  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/12 23:15
やっと一輪、河津桜
 2月24日、前日からの雨があがると、春の南風がやってきてこの春最初の一輪がほころびた。昨年よりも27日も遅い開花だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/26 04:04
魚の味
 先週2月3日岡山県児島、瀬戸大橋の袂の町に行ったが、ここは昨秋エンジン故障で2週間も滞在した町で、そこの大畠漁港の朝市を再訪した。前日は今冬一番の冷え込みで西風が吹き荒れたから、朝市が開くかどうか心配で早朝電話も入れてみた。前日夕方から風も収まって出漁した船が夜明けに次々帰ってきたから朝市できます・・・。この寒さでも漁師はちょっと風が落ちれば夜更けに出漁している。厳しい仕事だなあ。ここは夜中操業の魚をすぐ朝市に並べる港なのだ。写真は35cmのヒラメ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/08 08:19
しばらくは根無し草
 〈きらきら丸〉がホームポートにしてきた西伊豆・沼津市重須(おもす)ヨット泊地との係留契約を2011年12月で、ひとまず解約した。まだ次のホームポートは決めていないので、しばらくは帰るべき定係港がない“根無し草”の身の上になる。 写真上は、昨秋どんよりした曇り空の朝早く、周囲がまだ眠っている中を静かに重須泊地を離れて航海に出立したときのスナップ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/01/19 06:22
電気が鬼門だった
 秋航海の2ヶ月、バッテリーが上がりそうで毎日ハラハラし続けた。エンジン始動バッテリー(A)とオートパイロットから冷蔵庫まで船内のすべてを賄うサービス用バッテリー(B)、この2個とも航海中に交換した。それでも症状は解消せず、旅の最後には入港と同時に再始動できなくなってしまった。さて・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/04 13:01
年賀状にかえて
今年もよろしく ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/01 20:31
これもお役所仕事?
人気観光地鞆の浦の沖にある仙酔島の桟橋使用をまじめに役所に電話を入れたところ・・・・。面倒な手続きをする羽目に。写真は、仙酔島の桟橋裏側に係船したきらきら丸他の船。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/27 21:13
瀬戸内海 泊地情報
 秋の航海で立ち寄った港の情報。瀬戸内海を中心にヨットでの入港案内情報をまとめました。新しく取り上げる港と情報更新した港、それぞれをアップ。写真は、大畠瀬戸ぬ向かうきらきら丸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/27 18:15
燗酒のすすめ
 低気圧が近づいてきたので、広島湾奥の宮島に避航した。夜半から風雨に変わり翌朝まで雨、さらに翌日は北西風がどんよりした空を暴れてもう一日日和待ち。ヨットは厳島神社の前を通過して、奥の深い木立の中のポンツーンで過ごした。写真は、順番待ちで鳥居をバックに記念写真。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/12/24 21:15
みかんの危機は、日本崩壊の縮図かもしれない
 瀬戸内海の秋はミカンの季節だ。大崎下島・大長港(ゆたか海の駅)に立ち寄り、広島ミカンの代表、大長ミカンを堪能した。次いで愛媛・松山沖にある中島(なかじま)ミカン。さらに山口の大島ミカン(周防大島)にもまわり瀬戸内海の代表産地を尋ねまわった。ところがそこで知ったのは、ミカン農業が崩壊していく姿だった。写真は、愛媛県中島のミカン畑。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/18 12:00
ヨットでCO中毒、ご用心
 ポータブル冷蔵庫で、知人がヨット内のCO中毒で危うく命を落とすところだった。10月9日朝の出来事、3週間入院し、退院後いまもリハビリにつとめている。AC100V、DC12V、そしてカセットガスの3通りで駆動できる便利な冷蔵庫は、多くの中・小型ヨットで愛用されているが、慣れが落とし穴になることもある。ほぼ回復したのでご紹介する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/18 20:45
塩飽水軍の本拠、本島・笠島
 下津井瀬戸を抜けて多度津に行く途中で、本島・笠島港に入ってみることにした。ヨット乗りはもとより、地元の人にもあまり知られていない様子だった。実は、この港が戦国時代から江戸時代に大活躍した塩飽水軍、その後は海運業に転じた塩飽諸島の本拠地だった。瀬戸大橋のすぐ西側の水島航路を見下ろす小山に城も築かれていた。写真は、笠島港の〈きらきら丸〉、後ろの山が塩飽水軍の城山。後方は瀬戸大橋。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 16:41
漁業権発祥の海
 漁業権というと、海で何か事業があるたびに法外な補償金が漁協を通して漁民に分配される・・・あまり芳しくないイメージがつきまとうが、漁業権はそれほど古い歴史があるわけでない。瀬戸内海の漁民にとって海は共有物であって、もともと独占する考えを持ったことなどなかった。ところが江戸中期になると、下津井の漁民を讃岐高松藩の海から閉め出す布令をだした。それが漁業権の始まりだったらしい。写真は、西から見る下津井瀬戸。左が岡山側の本土、右は香川県の櫃石島。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/12 19:41
民話のうそ
 子どもの頃、讃岐(高松)と備前(岡山)が海の境界を話し合い、樽を流してそれで境界を定めることになった・・・。海のことに無知な岡山は潮の流れを知らず、讃岐側は潮が本土寄りを流れる日に“樽流し”を行うよう仕向けて、現在の境界になった、というお話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/11 18:57
緑内障&白内障
 エンジン修理で丸2週間も停まっている間に、冬の足音がひたひた近づいてきた。半月前6時に出港していたが、いまはもう6時半にならないと夜が明けないし、17時をまわるとあっという間に暗くなってしまう。その薄明、薄暮にものが見えにくい。自分ではそう思わないが、他人の視界との差を突きつけられると愕然としながら、それを認めないわけにいかない晩秋のこの頃だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/09 20:31
多事多難 その2
 素人でも経験を積めば、ある程度の不具合は見逃さないで対処できる。しかし、原因が複合してくると、不具合の真相が見えなくなってしまう・・・ここ3、4年バッテリーとエンジン始動の不安定さに悩まされてきたが、やっとその原因と不都合に対応できたかもしれない。写真は、曳航されるヨット。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 00:54
苦あれば楽あり
 大畠(おばたけ)dは、かなり大きな漁港で設備がしっかりしているのに驚かされた。この界隈は干満差が3m近くあり、週末土、日が運悪く大潮ときている。そのために港が浅い備讃ヤンマーへの移動を大潮が終わる31日(月)まで待つことになった訳だが、その間、ここの漁協朝市を存分に楽しませてもらった。特に土、日の朝は7時前から長蛇の行列ができて大変な賑わいだ。また、モノがすこぶる良い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/11/06 07:22
多事多難 その1 
 10月26日小豆島を離れて下津井に向かった・・・・、けれど、いまもって下津井の手前に滞留している。的形で“クルージングはメンテナンスの旅”などと悠長に構えていたが、それでは済まなくなってしまった。それから10日・・・・・ 写真は大槌島 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/06 07:09
牛窓のなぜ
 10月24日、室津に一泊して次の古港、牛窓(うしまど)をめざす。牛窓も室津と並んで中世以来の名港として知られ、朝鮮通信使も寄港するなど歴史に名をとどめている。しかし、それは現在の牛窓港の東側、牛窓瀬戸の東の出口に面した軽い湾曲の港(旧港としておく)だ。室津のように徳利状には及びもつかない。なぜここが歴史に残る港なのか。写真は、牛窓瀬戸にさしかかりセールも下ろし、入港に備えて近づく〈きらきら丸〉。右が前島、後ろで霞む小豆島。旧友・祇園吉紘さんが旧港の日和山から撮ってくれた貴重な一枚。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 11:29
室津
 室は「山腹などに掘って構えた窟(いわや)」(広辞苑)や家の奥まった部屋のこと。津は「船舶の碇泊する所」、つまり、奥まった安全な港が室津である。古くから良港につけられた名だから何カ所もある。今回立ち寄った兵庫県相生の隣にある小さな入り江の室津をはじめ、私が知っているだけでも、他に淡路島、土佐の室戸岬の脇、原発建設で話題になっている山口県祝島(いわいじま)の本土側の良港、そして同じ山口県の日本海に面した室津などがある。写真は、出港朝の的形。〈アストロ〉や鹿島郁夫さんが的形にいたころのま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 09:07
ヨット・クルージングはメンテナンスの旅
 車の旅とヨット旅行の一番の違い、それはヨットには日和り待ちが何日かごとにかならずあることだ。10月3日に重須を出発して3日間移動すると、三河湾の奥にある三河三谷港で2日低気圧通過を待った。次に5日間移動してまた南紀・田辺で4日間滞在・・・その滞在中に、日々の航海中に気づいた不具合を直したり整備に精を出す。新しい工夫に取りかかることもある。つまりメンテナンスをこの間に繰り返す。それが嫌だという人もあるだろうが、クルージングの面白さと割り切って楽しむことにしている。写真は、港の岸壁に腰を落... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/23 02:46
今日の酒
 今日、10月17日、日御碕北側にある静かな、けれどかなり大きな漁港の阿尾(あお)に入った。昼前に入ったので船内清掃、電気節約で日暮れ前に夕食の支度。おとといの残り、タッパーに入れておいたマグロのシッポをとりだしたら煮こごりになっている。塩ゆでしただけだがゼラチンがたっぷりだったらしい。 もう一度、濃いめの三杯酢にレモンを搾って浮かせてみたら、今日はマグロ屋よりも上等に思えるいい味になっていた。こういうものは、作りたてよりも味をしみこませてからの方がいいのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 19:13
遍歴の跡
 昨日、10月14日は秋とは思えない豪雨と強風、南紀・田辺漁港に隠れたつもりだったが、朝から続く時化は港も容赦なく襲い、丸一昼夜船は翻弄された。やっと一呼吸風が止まった朝、見上げると金比羅さんの旗が千切れて半分も残っていない。歴戦の強者でもないのに、まあ律儀な旗だ。写真は金比羅旗、後ろは風力発電機。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/15 19:46
初めて星条旗が掲げられた入り江
 220年前、ケンドリック船長が率いるレディ・ワシントン号が潮岬に近づき、大島を東からまわって島影に投錨した。おそらく人家のある樫野浦沖合だっただろう。上陸して薪を取り、水も補給したという。また、樫野浦の漁師も乗船して食べ物をふるまわれたりした。約一週間滞在してアメリカを目指して去って行った。これがアメリカ船が初めて日本を訪問したエピソードだ。写真は東から近づいた樫野崎。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/14 19:35
電波状態の良い?今夜
 昨12日、南紀・田辺入港、GPSの故障で数日滞在になりそうだ。ネット接続はエンジン稼働していなければならず、なかなか時間がとれない。  今夜は電波状態がとても良い?というか、朝鮮語の放送がすごい。終日小雨続きの曇り空が好影響なのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 19:42
今宵は十三夜
 いま、南紀勝浦にいる。マグロの居酒屋で気分よく今日の仕上げをして家路ではなく船路につくと、澄みわたった空に月がひときわ冷涼な輝きを投げかけている。今日は十三夜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/10 19:40
九鬼水軍の本拠地
 今日、10月9日は熊野灘の九鬼の港(地図では九木)を訪ねた。重須をでて1週間、やっとクルージングのペースになれてきたようで、帆走中もゆとりがでてきた。志摩半島の突端、大王崎を過ぎて一直線に沖を走って九鬼に向かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/09 21:16
晴れ時化の日
 重須をたった日から、毎日風の強い日が続いている。遠州灘を越えた3日間は追い風なので、強風にのって先に進んだが、10月5日、低気圧がくる寸前に雨の中、伊良湖水道を抜けて三河湾・蒲郡の三谷漁港に逃げ込んだ。それから3日目の今日も終日風速10mを超える風がビュンビュン吹き続けている。 写真は浜岡原発。大揺れなのでピンぼけかもしれないが。福島同様に海への備えはないように見える。近づく船を見張る警戒船?もいる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/07 16:09
今日から新聞、テレビのない暮らし
これから毎日、テレビも観ず、新聞も読まない生活が始まった。といっても耳もふさいで目もふさぐというわけでなく、今日から久々にヨットひとり旅。初日の今日は、西伊豆・重須(おもす)から浜岡原発のお膝元の御前埼まで44マイル、(海里、1海里は1.852m)、つまり約86km。情報源はソニーの小型携帯ラジオ、災害時に重宝するアレだが、NHKのニュースとか天気予報を聴くだけ。PCのネット新聞、あれは読む内容じゃないとおもうので、 ほとんどみることはなさそう。そういう生活がこれからしばらく続きます。 写... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/03 18:30
15号台風対策
やはり直撃コース ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/21 10:19
困った台風15号、明日直撃だろうか
いつの間にか、直撃コースに ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/21 00:46
郷土愛の罠にご注意
地元びいきはわかるけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/19 10:30
昨日、小型船舶免許更新講習に
・・・行ってきた。  水上バイクの「特殊」から外洋ヨットの1級までをひっくるめて、約40名の受講者。 そのうち、30名以上が、公的機関と紛らわしい「○○免許更新センター」で手続きを代行してもらう受講者。 残り10名弱が個人でこれも紛らわしい名前のJMRA(国交省の天下り団体、日本海洋レジャー安全・振興協会)に直接申し込んだ者。前者は費用が1万円弱で、後者は4200円ほど。  海事事務所などが募集の名前を公的機関風につくって競争している様子だが、講習そのものはJMRAが行い、同じ場所で同じ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/04 22:29
究極の省エネ生活、きらきら丸のスタイルです
この週末もまた修理と整備だけだった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/29 22:17
天竜川川下り事故、救命胴衣を着用かどうか?に関心が集中しているが・・・
天竜下りの舟が岩壁に衝突、転覆し死亡事故を起こした。報道は、もっぱら警察と国交省の情報を元に、船客が救命胴衣を着用していたかどうかのニュースばかりだ。12歳までは着用義務があるが何人着用したか、船頭は着用させたか、その有無によって船頭と会社を業務上過失致死罪で追求できるかどうか・・・・・。  お客は暑いからいやだと言ったとか、船頭が着用を求めなかったらしい・・・とか。行方不明の船頭が免許をとってまだ3ヶ月だともわかってきたし、その船頭も救命胴衣を着けておらず、それで行方不明・・・・・・。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/20 00:08
シングルハンドのための入出港の手引き、槍着けの実際
 今日、漁港の岸壁に槍着けする実用編をHPにアップしました。 http://www.geocities.jp/tiarashore/docking/docking6.html  槍着けという係船方法は、二人乗っていれば、簡単で確実な方法なのだが、これを一人でやると急に、むずかしくなってしまうことが多い。船首と船尾で操作する作業をひとりでこなさなければならないからだ。その工夫をご披露させていただいた。あくまでこれは〈きらきら丸〉のやり方なので、違うとか、もっといい方法があればぜひコメントでお教... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/14 20:21
日本は島国だけれど、海のことは知られていない
 私は海に生きる人たちを知るのが楽しみだ。しかし、ごく基本的な海の史実がほとんど知られていない、というか無関心のまま放置されている現実に直面してがっかりさせられることが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/13 06:20
入出港の手引き(5)、槍付け
槍付けの基本をアップしました。下のURLからお入り下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/09 20:38
牛の顔が子供にみえてくる
 被爆牛肉は、本格的な体内被曝事件じゃないか  連日の福島牛の放射能汚染問題が取り上げられている。それが東北各県に感染拡大したが、今朝の新聞では栃木の牛も出荷停止になった模様。  報道は、牛肉がどこにでまわったか、食べたらどうなる・・・・・・ばかりを取り上げているが、これって、本格的な体内被曝問題じゃないのかな。  もう4ヶ月も前になるが、終日テレビに登場していた枝野官房長官は、被爆してもただちに健康に害はない・・・の連発だった。そのうち、なしくずしに30km圏内は、安全のため避難に変わっ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/03 08:21
シングルハンドのための入出港の手引きを再開
 シーズン前の春先にHPに連載してまとめるつもりだった、「入出港の手引き」を半年近くも中断してしまった。  実は、3月大震災の日に、アキレス腱を損傷して身動きできなくなり、その後、4月には妻も交通事故で足を骨折、入院騒ぎでふたりで足2本状態・・・、それがヨット・アストロの出版と重なって、などなど言い訳を並べても仕方ないが、動きが悪いわりに超過密スケジュールで海とヨットを封印してきた。  やっと先月下旬に、船底の掃除をしてのろのろと、春にやるはずの整備を今頃やっている。  その合間に、なんと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/30 00:20

トップへ | みんなの「海」ブログ

クルージングダイアリー  きらきら丸のブログ 海のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる