迷いながら明日から倉敷へ

 コロナウイルス禍、現状もこれからの動きも予測できないが、明日20日から10日間ほど、倉敷市児島のヨットに出向き、春の整備作業をすることに. 4月の方が事態が悪化したら・・・  いま日常に差し迫った感染危機は感じない。だから政府が言うように、今月中おとなしくして4月になって春航海の準備を始める選択肢もある。一方、蔓延を食い止…
コメント:0

続きを読むread more

「航行区域」の話 後編

 後編は、ヨットなど小型船がどこまで出かけて航海できるか、厳しく規制されている日本の規制とそのいきさつのお話。 「限定沿海」は地方差別がひどい 限定沿海は瀬戸内海全域をカバーしている  かつては全国各県の限定沿海域がどうなっているかなど知らなかったが、今回航行区域を調べて気づいたことがある。東京、神奈川に拠点が…
コメント:0

続きを読むread more

ヨット雑誌3月号記事は航行区域の話

シリーズ「60代を大切に」の2回目、中古艇を求めてリタイア後にクルージングをめざす人へのメッセージ。日頃気にしたこともないだろうが、「航行区域」を再考。記事全文を載せるわけにいかないので、再編集して・・・。 船検証の航行区域、「沿岸」,「限定沿海」、「沿海」どれにする?  3種の航行区域の違いを簡単に言えば、「沿岸」は全国ど…
コメント:0

続きを読むread more

横浜港で3700人が隔離?

横浜港検疫錨地の大型客船  突然、中国発の新型肺炎が襲ってきて大騒ぎです。これで中国からの年間1000万人近い観光客が消えて、肺炎が小康状態になっても経済に大打撃になりそうです。横浜に入港した大型客船の3700人(乗員・乗客)が船内に隔離され、さながら2週間の病院船か強制隔離船です。実は客船クルーズが船内エンタテイメントで暇を…
コメント:0

続きを読むread more

横浜にカジノとは何か

1月20日、依頼を受け、横浜市が誘致表明、市民の70%が反対しているカジノについて 1時間スピーチしてきた。以下はレジメの再録。 │ 第1 横浜にカジノ誘致発表と反対運動 第2 そもそもカ…
コメント:0

続きを読むread more

海雑誌に新シリーズ、「60代を大切に]

 海雑誌kaziで続けている「〈きらきら丸〉のクルージング三昧」で、新シリーズ「60代を大切に」を始めた。60歳前後でヨットを始める人を念頭に。当初、数回くらいと思ったが、反響がいいとのことで、少し長いシリーズにすることも。 2月号:シニアのための航海スタイル 発売中の記事なので記事の抜粋を・・・。 長いようで短い?シニアのヨ…
コメント:0

続きを読むread more

強欲・・・JR東海、大型手荷物予約制と有料化

 岡山県瀬戸大橋線児島駅近くの萱刈港にヨットを預けている私は、JR東海「ひかり」(ジパング倶楽部では「のぞみ」に乗れない)で通っているが、その不便さ(1時間に1本だけ)とJR東海のえげつなさを2018年5月6日「ため息がでてくる「ひかり」・・・JR東海」に記した。 大型手荷物は予約制で各車両5人分だけ。5月20日から  …
コメント:0

続きを読むread more

新年おめでとうございます

新しい年のはじめ、 今年もよろしくお願いします。 写真は、ホームポート萱刈港から出航したところ。 長年使ってきたホームページのヤフー・ジオシティーズが昨年3月で廃止されたので、新しいURLを設定しましたが、エラーがあったようで ほぼ1年間、放置していました。ようやく改修を終えましたので、新しいURLをお知らせしま…
コメント:0

続きを読むread more

簡単にできる自作スモーカー

 スモークを簡単に、そしてうまく作るには、やはりちゃんとしたスモーカー(燻製器)を使うのが早道。昨日記したように、夏は手持ちのバーベキューコンロを代用したが、自宅では秋になってから自作した。 市販の小型スモーカー(40cm高)では役不足 上、コールマンの小型スモーカー。見栄えは良い。  これは、自作でも市販でも、網…
コメント:0

続きを読むread more

燻製作り、スペアリブ

燻製作りは冬がベストシーズン  この夏、信州の山里暮らしの暇つぶしに燻製作りに手をつけた。道具も材料もないので、スモーカーは少し大きめのバーベキューコンロ、熱源は炭火。スモークチップは敷地に植わっていたヒッコリー(オニグルミ)と山桜の枝を鋸で切ってこまかく砕いたものを使った。  ベーコンやスモークド・チキンなど肉類はうまくいった…
コメント:0

続きを読むread more

ヨットを閉め出すワースト1、北海道寄港ヨット締め出し条例・・2020年版

12月17日、コメントとして北海道の寄港できる漁港一覧と規定2020年版を紹介してくれた方がいます。 重要ですので、 ・・・・以下、コメントの再録です。 北海道の寄港禁止に動きがあったようなのでコメントします プレジャーボートの漁港利用について http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/gkg…
コメント:0

続きを読むread more

やっと解決、冷蔵庫顛末(5)

不良品交換通知が届く  12月2日、19時間に及ぶ船の冷蔵システムの作動テストの詳細結果をwtMarineに送った。数日たって、WMから素っ気なく1行、「代替品を送る」という通知メールが届いた。素っ気ないが、メーカー側にエラー原因があることを認めないわけにいかなかったが、率直には言えない・・・端切れの悪い反応だ。  12月1…
コメント:0

続きを読むread more

19時間の稼働テスト実施 冷蔵庫顛末(4)

ここまでの流れ  10月25日アメリカのWestMarine(WM)にヨットの冷蔵庫システム・キットをオーダーした。現在すぐ入手できる唯一のISOTHERM(イタリア製)キットで、送料・消費税込みで13万円弱。11月初じめには届いた。  11月6日倉敷・萱刈港のヨットに出向いて11月8日、設定作業を終えテスト稼働。順調に見えたが…
コメント:0

続きを読むread more

膠着状態から一歩前進 冷蔵庫顛末(3)

少し焦ってきた  メーカーは、WestMarineジャパンデスク経由で、マニュアルを読め、サーモスタットを正しく取り付けろ、を言ってくるだけ。こちらが送った症状には触れない。少し焦り始めた。というのは日本のカード会社の決済日が25日、その前20日頃までに締め切られる?から、支払い保留なら1週間以内に手続きしなければならない。それまでに…
コメント:0

続きを読むread more

2日動いて、ダウン 冷蔵システム交換顛末(2)

旧システムとそっくり,、新型を仮設置  11月上旬届いた冷蔵システム、船に持ちこんで組み立て、据え付けにとりかかった。 コンプレッサー、エバポレーター(冷却パネル)、サーモスタットはメーカーが違っても仕組みは10数年前のモノと変わらない。特に、コンプレッサーの接続部(冷媒ガス接続)と電気系統コネクターはまったく同じで、間違えるこ…
コメント:0

続きを読むread more

冷蔵庫入れ替え顛末記(1)日本には冷蔵システムがない

 ヨット用冷蔵庫システム(写真上)は、通常ギャレーの上蓋型冷蔵スペースを使って電気冷蔵庫にするシステム。昔はここに氷をぶち込んだ。庫内の奥に配管を通す孔があり、ここを経由してコンプレッサーとエバポレーター(冷却部)をアルミパイプで結ぶが、ギャレーカウンターの裏側を通すのが厄介で、途中で折り曲げるとアウト、冷媒ガスパイプ(アルミ製…
コメント:0

続きを読むread more

散々だったこの秋

船に来ると、なぜかトイレと冷蔵庫がアウト  9月末をまって瀬戸内海に出向いた。4ヶ月閉めきっていたキャビンに風を通し、陸電を繋いでまず冷蔵庫に通電する。そして、持ちこんだ荷物を整理してから、冷蔵庫内の清掃を・・・・、と思ったら、全然冷えてない。エバポレーターが冷たくない。???、それでも少し時間をおいてみたが変わら…
コメント:0

続きを読むread more

酷すぎないか、日本の下水処理感覚 その2 役所の言い分

 台風19号の大雨で、ニューセレブが集まるという川崎市武蔵小杉のタワーマンションで浸水、うんこ水まみれと騒がれた。 武蔵小杉、うんこ水騒ぎについて  「半分は合っているし、半分は合ってない。雨が降ると、合流管から雨水に希釈された汚水を川に放流するが、雨水が汚水の100倍になるよう計画している。今回の台風では、多摩川が高水位と…
コメント:0

続きを読むread more

ヨット雑誌、来月号は48年前の木造艇

1971年建造の、小豆島・岡崎造船の木造ヨット 帰港を急ぐ、〈ヴァンデスタット31〉SeaScape ちょうど1年前、倉敷市萱刈港に尋ねてきた岡山のヨット愛好家が今も48年前の木造ヨット、〈ヴァンデスタット31〉(岡崎造船〉に乗り続けていると知り驚いた。何度も萱刈港を、尋ねてくれた様子だったが、シーズン中は出かけて…
コメント:0

続きを読むread more

酷すぎないか、日本の下水処理感覚、その1 マリントイレ

ヨットもクルーザーも、シャワートイレが常識?  9月、横浜のマリーナで開かれたフローティング・ショーに行ったら、全艇見たわけでないが、どの船もトイレはシャワートイレが常識になっていた。その反モラル性を以前にも指摘したが反応はゼロ。ディーラーにどこで使うか尋ねたら、「航行中じゃないですか」とか、「クラブハウスのトイレに通う人が多…
コメント:0

続きを読むread more