19時間の稼働テスト実施 冷蔵庫顛末(4)

ここまでの流れ  10月25日アメリカのWestMarine(WM)にヨットの冷蔵庫システム・キットをオーダーした。現在すぐ入手できる唯一のISOTHERM(イタリア製)キットで、送料・消費税込みで13万円弱。11月初じめには届いた。  11月6日倉敷・萱刈港のヨットに出向いて11月8日、設定作業を終えテスト稼働。順調に見えたが…
コメント:0

続きを読むread more

膠着状態から一歩前進 冷蔵庫顛末(3)

少し焦ってきた  メーカーは、WestMarineジャパンデスク経由で、マニュアルを読め、サーモスタットを正しく取り付けろ、を言ってくるだけ。こちらが送った症状には触れない。少し焦り始めた。というのは日本のカード会社の決済日が25日、その前20日頃までに締め切られる?から、支払い保留なら1週間以内に手続きしなければならない。それまでに…
コメント:0

続きを読むread more

2日動いて、ダウン 冷蔵システム交換顛末(2)

旧システムとそっくり,、新型を仮設置  11月上旬届いた冷蔵システム、船に持ちこんで組み立て、据え付けにとりかかった。 コンプレッサー、エバポレーター(冷却パネル)、サーモスタットはメーカーが違っても仕組みは10数年前のモノと変わらない。特に、コンプレッサーの接続部(冷媒ガス接続)と電気系統コネクターはまったく同じで、間違えるこ…
コメント:0

続きを読むread more

冷蔵庫入れ替え顛末記(1)日本には冷蔵システムがない

 ヨット用冷蔵庫システム(写真上)は、通常ギャレーの上蓋型冷蔵スペースを使って電気冷蔵庫にするシステム。昔はここに氷をぶち込んだ。庫内の奥に配管を通す孔があり、ここを経由してコンプレッサーとエバポレーター(冷却部)をアルミパイプで結ぶが、ギャレーカウンターの裏側を通すのが厄介で、途中で折り曲げるとアウト、冷媒ガスパイプ(アルミ製…
コメント:0

続きを読むread more

散々だったこの秋

船に来ると、なぜかトイレと冷蔵庫がアウト  9月末をまって瀬戸内海に出向いた。4ヶ月閉めきっていたキャビンに風を通し、陸電を繋いでまず冷蔵庫に通電する。そして、持ちこんだ荷物を整理してから、冷蔵庫内の清掃を・・・・、と思ったら、全然冷えてない。エバポレーターが冷たくない。???、それでも少し時間をおいてみたが変わら…
コメント:0

続きを読むread more

酷すぎないか、日本の下水処理感覚 その2 役所の言い分

 台風19号の大雨で、ニューセレブが集まるという川崎市武蔵小杉のタワーマンションで浸水、うんこ水まみれと騒がれた。 武蔵小杉、うんこ水騒ぎについて  「半分は合っているし、半分は合ってない。雨が降ると、合流管から雨水に希釈された汚水を川に放流するが、雨水が汚水の100倍になるよう計画している。今回の台風では、多摩川が高水位と…
コメント:0

続きを読むread more

ヨット雑誌、来月号は48年前の木造艇

1971年建造の、小豆島・岡崎造船の木造ヨット 帰港を急ぐ、〈ヴァンデスタット31〉SeaScape ちょうど1年前、倉敷市萱刈港に尋ねてきた岡山のヨット愛好家が今も48年前の木造ヨット、〈ヴァンデスタット31〉(岡崎造船〉に乗り続けていると知り驚いた。何度も萱刈港を、尋ねてくれた様子だったが、シーズン中は出かけて…
コメント:0

続きを読むread more

酷すぎないか、日本の下水処理感覚、その1 マリントイレ

ヨットもクルーザーも、シャワートイレが常識?  9月、横浜のマリーナで開かれたフローティング・ショーに行ったら、全艇見たわけでないが、どの船もトイレはシャワートイレが常識になっていた。その反モラル性を以前にも指摘したが反応はゼロ。ディーラーにどこで使うか尋ねたら、「航行中じゃないですか」とか、「クラブハウスのトイレに通う人が多…
コメント:0

続きを読むread more

2つの台風進路予想

 昨10月11日夜、予定を1週間早めて、翌日の新幹線全日運休を控えて混雑する中、瀬戸内海から横浜に戻った。台風に合わせたわけではないが。 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/339/79/N000/000/000/157088167023613679383-thumbnail2.jpg?1…
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内にも秋

1週間前、9月30日4ヶ月ぶりに、倉敷・児島の萱刈港へ。秋到来・・・、ところが昼過ぎ着いた萱刈港は34度、夏の瀬戸内の定番、風が吹かない猛暑がまだ続いていた。  夜はコクピットデッキでシーツを被って蚊よけにして寝る毎日。    冷蔵庫が故障、トイレも故障 https://userdisk.webry.biglobe.ne…
コメント:0

続きを読むread more

年寄りの勉強会に、喝!!

リタイアするといろいろな会に誘われる  勤めを終えても、男はなにかに繋がっていないと落ち着けないものらしい。NPO法人に加わって社会事業の真似事をしたり、仲間を募っていろいろ研究会、勉強会という飲み会を企てる。いくつかに参加してきたが、不満が募っては疎遠になる会も少なくない。気難しすぎるのかもしれないが。 講演会、シンポジウ…
コメント:0

続きを読むread more

サンマ漁船沈没、8名絶望報道で 触れない重要事実

9月17日、北海道根室のサンマ漁船が遥か東方630km沖合いで、横波を受けて転覆。海保、僚船などが駆けつけたが、転覆船内で死亡1人発見も残り7人は不明で、捜索を終えた。 救命筏(ライフラフト)も転覆漁船脇に転覆して漂っていた。  最初のニュースでは、転覆漁船の脇にやはり転覆した救命筏が漂っていたとある。海保も報…
コメント:0

続きを読むread more

燻製作り、いろいろやってみた

 この夏の山里暮らし、燻製作りをテーマのひとつにしたが、夏らしく晴れたのが8月前半の2週間だけ、7月も8月後半から9月も雨になる日が多く、なかなか燻製作りが進まなかった。燻製作りの本に従うと、事前にしっかりソミュール液に漬け込んで下味を染みこませ、日陰の風通しのよい場所で一昼夜以上乾燥させてから燻煙に入れ・・・とある。つまり屋外作業が多…
コメント:0

続きを読むread more

自産自消の十割蕎麦屋

手前が大、奥のが並盛り いい蕎麦屋がみあたらない佐久街道  蕎麦処信州というが、八ヶ岳連峰の東麓、千曲川沿いの佐久街道(国道141号線)には、いい蕎麦屋がない。以前は、清里に草五庵、野辺山に「ふるさと」という良い店があったがどちらも閉じてしまったいま、佐久街道沿いではないが、川上村の「善慶庵」が一番の蕎麦屋だと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

海の雑誌Kazi9月5日ウリ 記事は五島灘ガイド

 今年5月の大型連休を中心に約1ヶ月巡った航海の記事。今回は、九州の西側、五島列島と長崎県の沿岸に囲まれた五島灘の寄港地案内。 写真は、上五島に向かうところ。島々が折り重なって一つの島に見える。正面左手に北部の中心、有川港がある。 人気NO.1は平戸港  いつもは、連休を避けて航海するので不明だったが、超大型…
コメント:0

続きを読むread more

CDプレーヤーも直った

 10号台風が日本海に去ってから、山里では一足早い秋雨前線?なのか、日に何度も雨がやってくるようになった。昨夜来の雨が今朝は強く、早朝の気温も15度まで下がった。秋到来。  ヒートアイランドと化した都会では、季節感も自然の移り変わりも感じ取りにくく、まだ猛暑の谷間にいるかもしれないが、山ではきちんと季節の動きが日ごと現れる。あ…
コメント:0

続きを読むread more

CD壊れた、レコード復活した

TVも映らないのにCDプレーヤまで壊れた  NHKは全世帯で視聴できる・・・を謳っていたが、地デジ変換と同時に、その約束を反故にして、地方の山間部など多くの地域では地デジが映らなくなった。それを自治体?が施設する有線に任せて逃げてしまった。しかし、新たに有線を引くにはなんと25万円以上必要というので、衛星放送とネット放送に絞っ…
コメント:0

続きを読むread more

台風10号無事通過

予想進路は、至近の西側通過か?  3日前の予想進路は(写真上)、足摺岬付近から北上して瀬戸内海、燧灘から備後灘へ。これでは私が定係している萱刈港からわずか数十キロ西を北上することになる。つまり、超大型台風の中心に近い東半円になってしまい、最悪コースだ。港は南、西、北は低いが山で囲まれているが、東の港口側だけが播磨灘…
コメント:0

続きを読むread more

この夏は燻製作り、まずは準備編

今シーズン初の本格的台風10号は遅々として進まない。お盆休みに西日本直撃になりそうだが、12日夜には超大型に。半径数百キロが強風域に。豊後水道を北上し周防灘東端付近に上陸予想・・・、東風対策を追加しようか。   燻製用チップの代表、ヒッコリーはオニグルミなのか! 写真:太さ15cmくらいのオニグルミ。  むかし…
コメント:0

続きを読むread more

台風当たり年?

 8月になって、台風続きに。 8号がやって来て梅雨前線が追いやられ、一気に夏本番になった。山里に来てから10日間連続雨だったが、台風のお陰で(襲われた地方の方には申し訳ない)一気に晴れの周期に。大型と言われた9号は(沖縄は気の毒だったが)、大陸方面に去ってくれた。 問題は小笠原近海をジリジリ時速10kmで進み、これからやってくる…
コメント:0

続きを読むread more